MENU

デング熱とは何か?

 

 

 

 

 

 

 2014年8月、日本国内でデング熱に感染した患者が、
 確認されたことが、厚生労働省に報告され、その後、
 東京の代々木公園で、デングウイルスを持つ蚊が、
 発見されたことが、大きな話題を呼んだ。

 

 

 デング熱は、蚊から感染するもので、人から人へは伝播しないものだ。

 

 

 また、感染しても重症化することは極めてまれで、
 多くの場合、蚊に刺されてから3〜7日程度高熱が出たり、
 頭痛や関節痛などが起こるが、それ程心配はない。

 

 

 デング熱は、現在患者が世界で急増している疾患で、
 患者数は、10年ごとに倍増していると言われている。

 

 

 最近では、遺伝子組み換え蚊を自然界に放つことによって、
 その地域の野生の蚊の個体数を、劇的に減らせることが、
 研究の結果判明しているが、最初の試験が公表されないまま、
 行われたことに対して、国際的な議論が起きている。

 

 

 また、遺伝子組み換え蚊が、他の環境形態に、
 何らかの影響を与える可能性も、全くゼロではない。

 

 

 デング熱が突如日本国内で発生したように、今後は、
 ややもすると、対岸の火事だと思い込んでいた様々な病気が、
 日本国内で発生するかもしれない。

 

 

 デング熱への対抗策としての、遺伝子組み換え蚊の存在は、
 リスクもあれば、可能性もあるため、様々な論議を呼んでいる。

 

 

 たとえ、デングウイルスを持つ蚊を撲滅できたとしても、
 その他の蚊が、取って代わる可能性もある。

 

 

 細菌と科学のイタチごっこは、一体いつまで続くのだろうか。